仙台の将来性について

仙台は人口が100万人を超える政令指定都市であり、東北地方における拠点都市です。

多くの企業が当地に支店や営業拠点を構える典型的な支店経済都市となっています。

東北地方は、他の地方と同様、近年高齢化が進展し、既に人口が減少傾向にある都市も少なくありませんが、当地が震災復興に関する拠点都市として位置付けられ、拠点集約的な意味合いも色濃くあるため、当地の人口はまだ増加しています。

そういった意味で、様々な発展の機会を未だ多く残している土地であると言え、日本にある数ある都市の中でも将来性の高い都市の一つです。

当地では、地下鉄南北線が開通済みですが、来年にはさらに東西線という新たな地下鉄が開通予定であり、インフラの整備も非常に進みつつあります。

地下鉄が開通すると、これまでの泉中央から長町までという南北のラインに加えて、東西のラインも拓けてきますので、住宅や商業施設を始めとして、様々な新しいサービスが展開されていくと、大いに周辺に居住する人々の期待を集めています。