ゆるキャラブーム

ゆるキャラは、ゆるいマスコットキャラクターが略されこのような呼び方がされており、全国各地に多くの種類が存在しています。

県や市町村がその地域をPRする目的で制作されていることが一般的ですが、中には個人が発案し活動を行っているものもいます。

今や、その存在は可愛く地域の宣伝を行うだけでなく、大きな経済効果を生むものへと進化しています。

滋賀県にある彦根城のイメージキャラクターが2007年に誕生し、その愛らしい外観と可愛い仕草で瞬く間に人気が集まり、そのキャラクター見たさに多くの観光客が訪れました。

このことが今に至るブームの始まりとなり、各地域のキャラクターに注目が集まるきっかけになりました。

また、ご当地キャラクターの代表とも言える熊本県のキャラクターは2010年に誕生し、県のPRにつながる製品に限りキャラクターの無償の使用を許可したため、食料品から日用品まで多くのものが販売され莫大な経済効果を生むとともに県のPRに成功しました。

どのキャラクターが一番かを競うイベントも開催されるなど、このブームは衰える気配がありません。