学校の役割と問題の

学校は社会生活で必要となる知識を学習したり、未解明のことがらを究明したりする機関および場所を指します。

また多くの生徒が共に行動することを促すことで協調性を養う目的も持っています。

学習の習熟度にあわせて呼称は変化するのが一般的で、日本の場合は小、中、高等というように変化していき、そして自分の関心などに基づき大学や専門教育機関に進学する可能性もあります。

現代では多くの国で義務教育制度が整えられており、この制度の期間内で読み書きや計算といった基本的なことを子供は身に付けられるようになっているため、世界的に以前よりも識字率といった基礎学力は向上しつつあります。

最近では会社に勤務しながら通える大学や大学院、専門教育機関なども増えてきており、幅広い世代の人々が専門的な知識を取得する機会が増えてきています。

一方で教育格差といった問題や質の良い教員の確保、家庭での勉強のあり方といった問題を常に抱えてもいます。